夏だ!ナンパだ!ライブチャットだ!
ビーチにいる男性

ナンパの季節に備えるんだ!

皆さん、夏と言えば何が思い浮かびますか?もちろん海ですよね?海水浴ですよね?

焼きつける太陽、青い海、白い砂浜、賑やかなビーチ、そして小麦色に焼けたビキニ娘!たまりませんなぁ。

 

毎年夏が待ち遠しいですよね。

 

それに男なら絶対に一度は挑戦してみるのが、「ナンパ」ではないでしょうか?

 

普段の路上ナンパなどはハードルが高く難しい感じがしますが、このようなビーチでのナンパとなると、ビキニの解放感からか、女性の心も開放的になってナンパのハードルが少し下がるような気がします(あくまでもそういう気がするだけ)

 

なので我々男はこの時期が一番の頑張り時だ!と思うかもしれません。が、

 

実はもっと頑張らないといけない時期があるのです。それはいつか。

 

今でしょ。

 

 

はい、すいません。やってみたかったです。

 

とまぁ、そういうことで、我々は今の時期に一番力を注がないといけないのです!

 

夏になってから「よし!頑張るぞ!」と思ってももう手遅れ。他のイケメン野郎どもにどんどん先をこされていってしまいます。

 

なので、今からもう夏のビーチナンパに向けてスタートダッシュをきっていかなければならないのですが、じゃあ具体的に何をしていけばいいのかということをこれから説明していきたいと思います。

 

「己の肉体を磨きあげろ!!」

 

まずはこれですね。予想通りって感じでしたか?当たり前のことだと思いますが、みんなここをおろそかにしがちなんです。この己の筋肉を磨きあげるということをしっかりと行っていけば、おのずと女性は懐に入ってきます。

 

中途半端ではダメです。バッキバキにしちゃいましょう。今ならまだ間に合います。

今の時代はゴリマッチョよりも細マッチョの方がモテるので、細マッチョを目指したほうがいいですね。

 

ちょうどこんな感じです↓

筋肉

顔がイケメンじゃないからと悩む暇があったら、今すぐに筋肉をいじめ抜いてください。それに、ビーチナンパに顔はさほど重要ではありません。どんなにイケメンだったとしても体がだらしなかったりしたら女性は落ちません。

 

想像してみてください。キムタクの顔にアンガールズ田中の胴体がくっついていたらどう思いますか?めちゃくちゃ気持ち悪いですよね?女性も抱かれたいとは思わないはず。

 

ビーチで自分の体をさらすことで、女性は少なからずその人とのベットシーンを想像します。無意識下で。その想像の中に我々の鍛え抜かれたバッキバキの体をぶち込んでやるんです。

 

そうすれば女性はクラっときて落ち、そして今度こそ本望である我が息子をぶち込むことができるでしょう。

 

ということで、肉体改造は必須です。

 

そして全体的な容姿のケアもしていきましょう。髪型だったり、肌の手入れだったり、猫背をなおしたり、眉の手入れだったり、歯を白くしたり、いろいろあるはずです。

 

今挙げたこれらの行為は労力とお金と時間をかなり使うと思います。でもこれらを実践することで、女性をゲットしやすくなるだけでなく、生活の質の向上や、健康維持、自信がついたり、新たな可能性が開けたりしてメリットがたくさんあるんです。

 

なので、ぜひ積極的に実践していきましょう。

 

「ナンパについて勉強しろ!」

先生

また、ナンパのコツというかナンパについて勉強することも重要です。

ナンパはよくメンタルが大事と言われますが、それだけというわけではありません。ちゃんとテクニックなどもあるのです。

 

まぁでもメンタルありきではあるので、メンタルはとにかく鍛えあげましょう。筋肉以上に鍛えていた方がいいと思います。

 

ナンパにおけるマインドセットの最低条件をあげるとすると、リスクを負わないとリターンを得ることはできないということです。言われなくてもわかるぐらいに当たり前のことですが、このことだけはしっかりと肝に銘じておきましょう。

 

他にも、自信をもって堂々とすることも大事です。じゃあ自信をつけるにはどうすればいいか、それは先ほど述べた肉体を磨くということです。己の外見が鍛え上げられて、見られても恥じないものであれば、自信がでてきて、自然と堂々とした振舞いができるようになります。

 

あとは、女性を敬うことです。ナンパは数をこなすものではありますが、一回一回丁寧に紳士的に敬意をもって接するようにしましょう。これも非常に重要なことです。

 

 

「最高の夏にするために」

ジャンプする男

女性を落とすことを考えた時に、ネットで女性の口説き方とか女性の落とし方などをネットでググって調べる人がいますが、そうやって相手のことばっかり見るのではなく、まずは自分を見て、自分を高めるよう努力していきましょう。

 

女性を落とすのではなく、女性が勝手に落ちるぐらいの男をめざしましょう。そういう気概で日々自己研磨に望み、女性の扱いを身につけていけば、間違いなく夏までには、最高の男になっているでしょう。

そして、その夏は最高の夏になっているでしょう。

 

 

 

Back to Top